三井不動産など10社が千代田区に都内最大級の再開発構想を発表

掃除用品 2022-03-26 82322 0

三井不動産など10社が千代田区に都内最大級の再開発構想を発表

    三井不動産など10社が千代田区に都内最大級の再開発構想を発表三井不動産、帝国ホテル、NTTなど10社は、東京都千代田区の日比谷公園周辺で3棟の超高層タワーなどを整備する大規模複合開発「東京クロスパーク構想」を発表した。ホテル、商業施設、オフィス、共同住宅などが入る

三井不動産など10社が千代田区に都内最大級の再開発構想を発表

    

東京クロスパーク構想の完成イメージ(三井不動産など発表資料より)

写真拡大

 三井不動産、帝国ホテル、NTTなど10社は、東京都千代田区の日比谷公園周辺で3棟の超高層タワーなどを整備する大規模複合開発「東京クロスパーク構想」を発表した。

    ホテル、商業施設、オフィス、共同住宅などが入る総延べ床面積約110万平方メートルの都内最大級の再開発となる。

    2030年度に第1期開業し、2037年度以降に全体完成させる計画だ。

    

品川駅西口再開発、西武HDが都市計画素案公表 商業施設など整備へ

 予定地は日比谷通りをはさんで日比谷公園に面した、東京都千代田区内幸町の約6.5ヘクタール。

    北、中、南の3街区で構成し、日比谷公園と予定地を結ぶ2本の道路上空公園や周辺の駅と接続する地下、地上の広場、結節空間も整備する。

    

 北地区は帝国ホテルと三井不動産が地下4階、地上29階建て延べ約15万平方メートルの帝国ホテル新本館と、地下4階、地上46階建て延べ約27万平方メートルのノースタワーを建設する。

    ノースタワーは低層階に商業施設、中層階にオフィス、高層階にサービスアパートメントと賃貸住宅が入る。

    

 中地区はNTT都市開発と公共建物、東京電力パワーグリッド、三井不動産が地下6階、地上46階建て延べ約37万平方メートルのセントラルタワーを整備する。

    低層階は商業施設、中層階はホールと産業支援施設、宴会場、高層階はオフィスとホテルで構成する。

    

 南地区は第一生命保険、中央日本土地建物、東京センチュリー、東京電力パワーグリッドが地下5階、地上43階建て延べ約31万平方メートルのサウスタワーを建てる。

    低層階に商業施設とホテル、中層階にウェルネス促進施設、高層階にオフィスが入居する。

    

 建設工事には2022年度から順次入る予定。

    完成予定はノースタワーが2028年度、セントラルタワーが2029年度、ノースタワーが2030年度、帝国ホテル新本館が2036年度。

    全体の完成は2037年度以降になる見込み。

    

 これに合わせ、日比谷公園とつながる道路上空公園などを整備して公園一体型の歩行者ネットワークを充実させ、国際都市・東京の都心部にふさわしい魅力ある街をつくる。

    

评论留言

最新评论